インナーチャイルドとは?

女性専門整体・カウンセリング リフレッシュ・ジョイ

「インナーチャイルド」という言葉を聞いたことがありますか?

おそらく、「私ってアダルトチルドレンかなぁ」と思っていろいろページを調べたという方なら、目にした言葉ではないでしょうか?

インナーチャイルドって、どんな意味なのでしょう?
また、アダルトチルドレンとどんな関係性なのか?お伝えしますね。

目次

インナーチャイルドとは?

インナーチャイルドについて

インナーチャイルドとは、アダルトチルドレンの回復サポートとして考えられた概念です。

「幼少期に、問題のある環境で育ったために、傷ついた心のこと」をいいます。

  • インナーチャイルドは、生まれたときから備わっています。
    生まれてすぐの赤ちゃんでも、教えられなくても感じたり分かっていることってありますよね。
    赤ちゃんは、お腹が空くと「おっぱいちょうだい!」って泣く。
    赤ちゃんが、いつしか自分で立ち、歩きはじめる。
    笑う、泣くなど感情を表現する。
    このように、誰にも教わっていないのに、備わっている心の領域のことを「インナーチャイルド」と言います。
  • 幼少期の心の傷が癒やされないままでいると、「生きづらさ」となって現れます。
    このインナーチャイルドが傷ついた場合、大人になって「何かがうまくいかない」などが起こります。
    幼少期のことなので、言語化できていないことも多いです。
    「感じたこと」「印象(恐怖感・安心感など)」という形で人生や視界、ヴィジョンなどに影響してきます。

なぜ私たちにインナーチャイルドが存在するのでしょうか?

インナーチャイルドは、過去の経験が現在の自己に影響を与え、深い感情や信念を形成しています。
これらの感情や信念は、無意識のうちに私たちの行動や選択に影響を与えることがあります。

これらは同時に、過去の傷やトラウマに対処し、癒すための重要なプロセスとなります。
これらの傷やトラウマは、現在の問題やストレスの原因となっています。

インナーチャイルドを深く理解することで、健康的な成長と心の調和を目指せるんです!

インナーチャイルドは過去と現在を結ぶ架け橋であり、過去の経験が現在の自己に与える影響を理解し、癒すための重要な概念と言えます。

インナーチャイルドが大人としての私たちにどのような影響を与えるか

インナーチャイルドが大人としての私たちに与える影響は多岐にわたります。
主な影響の一部を以下に挙げてみましょう:

  1. 感情の影響
    過去の経験に基づいた感情が、現在の感情に影響を与えます。
    例えば、幼少期に感じた安全や愛情が不足していた場合、不安や自己価値感の低さが大人になっても残ることがあります。
  2. 行動への影響
    インナーチャイルドの影響は行動にも及びます。
    過去の経験に基づいたパターンや反応が、現在の関係や状況に影響を与える可能性があります。
    例えば、過去に学んだ防御機構が、ストレスや脅威に対する反応に影響を与えることがあります。
  3. 自己イメージと自己受容
    インナーチャイルドの経験が、自己イメージや自分に対する信念に影響を与えます。
    幼少期に受けた承認や拒絶の経験が、自分をどう見るかや他人との関わり方に影響を与えます。
  4. 対人関係への影響
    インナーチャイルドの影響は対人関係にも及びます。
    幼少期の関係が、信頼や親密さの築き方、コミュニケーションスタイルに影響を与えます。
    過去のパターンがリピートされる可能性があります。
  5. ストレスへの対処
    インナーチャイルドの傷やトラウマがストレスの原因となり、それに対処する際に影響を与えることがあります。
    過去の経験に基づいたストレスのコーピングメカニズムが、大人になっても影響を持ち続けることがあります。

これらの影響は、自己認識や精神的な健康に大きな影響を与える可能性があります。
インナーチャイルドへの理解と癒しを通じて、これらの影響をポジティブな方向に変えることができるでしょう。

インナーチャイルドとアダルトチルドレンの関連性

アダルトチルドレンはインナーチャイルドとどのように関連するのでしょう?

上記にあるようなインナーチャイルドの影響が、アダルトチルドレンとどう関係するか?
ご説明します。

  • 過去の経験(幼少期に愛情不足だと感じたり)によって、社会生活で不安を感じたり自己肯定感が低くなったりします。
  • 恐怖や不安に対する反応を最低限にしようと、新しいことに挑戦したいと思わなくなったり、環境の変化を恐れるようになることもあります。
  • 自己イメージが低いため、「他人からどう思われるか」を気にして、「思ったことが言えない」という悩みを抱える人もいます。
  • 「傷つきたくない、傷つけられたくない」と感じるようになれば、対人関係に心の壁を作ってしまいがちです。
    改善したくて別のグループに参加しても(転職するなど)同じような状況に陥ったりして悩むこともあります。
  • 過去に受けた心の傷が、対人関係や日常生活でリフレインして、自分の行動に制限をかけてしまうこともあります。

過去の傷や経験が現在の感情や行動にどのように影響しているのでしょうか

アダルトチルドレンの過去の傷や経験が現在の感情や行動に影響を与える様々な方法があります。
以下はそのいくつかです:

  1. 感情の影響
    幼少期に経験したトラウマや困難な出来事が、今日の感情に影響を与えることがあります。
    例えば、安定した愛情やサポートが欠如していた場合、不安や孤独感が大人になっても残ることがあります。
  2. 自己価値感の形成
    幼少期の経験が、自己価値感に影響を与えます。
    例えば、虐待や否定的な環境で育った場合、自分に対する否定的な信念や自己評価が形成されることがあります。
  3. 対人関係のパターン
    幼少期の対人関係が、大人になっても続く関係のパターンに影響を与えることがあります。
    安全で支持的な関係が不足していた場合、信頼できる関係の構築が難しいことがあります。
  4. ストレス応答の形成
    幼少期に経験したストレスが、大人になっても同様のストレスへの反応を形成することがあります。
    例えば、過去に無力感を感じた経験が、同様の状況に対して過剰に反応する原因となることがあります。
  5. コーピングメカニズムの影響
    幼少期に身につけたコーピングメカニズムが、大人になっても影響を持ちます。
    例えば、過去に学んだ適応的でないコーピングが、ストレスへの対処に問題を引き起こすことがあります。
  6. 自己制約と限定信念
    幼少期の経験が、自分に対する信念や可能性に影響を与えることがあります。
    例えば、否定的な経験が、成功や幸福に対する信じることを阻害する可能性があります。

これらの影響は、適切なサポートや心理療法を通じて取り組むことができます。
インナーチャイルドへの理解と癒しのプロセスは、過去の傷を克服し、より健康的で充実した生活を築く手助けとなります。

自己癒しと向き合う方法

セラピーやカウンセリング

専門家とともに過去の傷や経験を探る方法

自己反省と瞑想

インナーチャイルドとのコンタクトを深める実践方法 心の平和や自己受容を促す方法

サポートグループやコミュニティ

同じ経験を持つ人々との繋がりの重要性

共感や理解を深める場の提供

まとめ

インナーチャイルドとアダルトチルドレンの関係性とその影響、そして自己癒しの重要性を再確認

まずは無料カウンセリング

その悩み、1人で抱え込まずに、話してみてください。
元アダルトチルドレンがあなたの話を聞きます。
心のモヤが晴れるようになりますよ。

カウンセリングの様子

\24時間いつでも予約可能/

よろしければシェアお願いします!
目次