人に依存してしまうのはなぜ?原因、特徴、対処法をカウンセラーが紹介

女性専門整体・カウンセリング リフレッシュ・ジョイ
目次

人に依存してしまう5つの原因  

あなたは、他人に依存しがちだと思いますか?

それは、どのようなときに思いますか?
この投稿では、「人が他者に依存してしまうこと」について原因などを探っていきます。

原因①:自分に自信がない  

自分に自信がない人は、自分の能力や価値を信じられないという状態ですね。

そんな人は、自分で決断したり行動したりすることが苦手です。

リフレッシュJOY五十嵐

「失敗するかもしれない」「他人から嫌われるかもしれない」というような不安を抱えているのではないでしょうか。

だから、自分で判断するのが怖い。
そして、他人に判断してもらいたい、これが他人に頼る、、ということに繋がります。

また、自信がない人は「自己肯定感」「有能感」「人間関係構築力」「立ち直り力」といった「自信感」を形成する要因が弱いです。

自分に自信がないと、新しいことにチャレンジしたり、資格を取得したりして自己実現を図ることが難しくなりますね。

だから、他人に頼らざるを得なくなるんです。

さらに、自信がない人は物事をネガティブに捉えがちで、自分の決断を疑い続けてしまいます。

しんどいですよねー。
だから、、他人の意見に頼りたくなるんですね。

リフレッシュJOY五十嵐

自分に対する不安や自信の低さが、他人への依存につながっていくんです。

自分に自信を持つことができれば、自分で判断し行動できるようになり、他人に頼らずに生活できるようになるでしょう。

原因②:幼少期に愛情を受けられなかった  

幼少期に愛情が不足していた場合、それが他者に依存する理由となることがあります。

愛情不足で育った人は、「自己肯定感」「有能感」「人間関係構築力」「立ち直り力」といった「自信感」を形成できなかった人が多いです。

それで、自分に自信が持ちにくくなってしまいます。

新しいことにチャレンジしたり、自己実現を図るというのが苦手になってしまうんですよね。

だから、他人に頼りたくなってしまう。

他には、愛情不足で育った人は物事をネガティブに捉えがちで、自分の判断を疑い続けてしまう、ということもあります。。

リフレッシュJOY五十嵐

この心理状態も自分で決断できないから、他人の意見に頼りたくなりますよね。

幼少期の愛情不足は自信の低さや不安感につながってしまうんです。

愛情を十分に受けられた経験があれば、自分で判断し行動できるようになり、他人に頼らずに生活できるようになるでしょう。

もちろん、個人の経験や、個人差もあります。

心理療法やカウンセリングを通じて、愛情不足に関連する感情や行動パターンに向き合い、自己成長や健康的な関係の構築に向けて取り組んでみてください。

原因③:強いストレスがかかっている  

強いストレスがかかる状況下では、自分の能力や価値を信じにくいし、自信を失いがちになります。

「失敗したらどうしよう。」「嫌われたらどうしよう。」

リフレッシュJOY五十嵐

そんなストレスの多い状況では、自分で判断したり行動することは恐怖でしかないですよね!

だから、他人に頼りたくなるんです。

ストレスが強い状況では、「自己肯定感」「有能感」「人間関係構築力」「立ち直り力」といった「自信感」を形成するのが難しいです。

自分に自信がないから、チャレンジが怖い。

自己実現を図りたくない。

だから、、他人に頼りたい。自分のせいにされたくない。そういう思いが働くんです。

ストレスを軽減し、自信を取り戻すことができれば、自分で判断し行動できるようになり、他人に頼らずに生活できるようになるでしょう。

H3 原因④:それだけが喜びだと信じ込んでしまう  

人に依存してしまう原因の一つとして、「それだけが喜びだと感じてしまう」ことが考えられます1234:人に依存してしまう人は、自分に自信がなく、自己肯定感が低い傾向にあります123。そのため、自分で判断したり行動したりすることが苦手で、他人に頼らざるを得なくなります123。特に、他人から承認や評価を得ることが、依存する人にとって大きな喜びとなっています123。自分の価値を他人の目線で判断してしまうため、他人から認められることが自分の存在価値につながると感じてしまうのです123。そのため、他人に依存することで得られる承認や評価が、依存する人にとって唯一の喜びとなってしまいます123。自分で判断したり行動したりすることに不安を感じるため、他人に頼ることで得られる承認や評価に集中してしまうのです123。しかし、このような依存的な関係性は健全ではありません4。他人に頼り切りになることで、自立心や自己肯定感が育たず、かえって不安定な状態に陥ってしまうからです4。そのため、依存する人は自分の価値観を見直し、自己肯定感を高めていくことが重要です1234。自分の長所や強みを認識し、自分で判断し行動できるようになることで、他人への依存から脱却できるでしょう

H3 原因⑤:依存症パーソナリティ障害を抱えている

人に依存してしまう原因の一つとして、「依存性パーソナリティ障害」が考えられます4:依存性パーソナリティ障害の特徴は、面倒を見てもらいたいという強い欲求があり、支えを得るために従属的で執着的な行動に出ることです4。自分一人では十分に生活できないと考え、親や配偶者など面倒を見てくれる人から離れることを恐れる分離不安が強いのが特徴です4。このような依存的な傾向は、幼少期に十分な愛情を受けられなかったことが原因と考えられます5。愛情不足で育った人は、自己肯定感が低く自信がないため、自分で判断したり行動したりすることが苦手になります1235。そのため、他人に頼らざるを得なくなるのです1235。また、依存性パーソナリティ障害の人は、自分の価値を他人の目線で判断してしまう傾向があります4。他人から承認や評価を得ることが自分の存在価値につながると感じているため、他人に依存することで得られる承認に集中してしまうのです1234。しかし、このような依存的な関係性は健全ではありません4。他人に頼り切りになることで、かえって自立心や自己肯定感が育たず、不安定な状態に陥ってしまうからです4。そのため、依存性パーソナリティ障害の人は、自分の価値観を見直し、自己肯定感を高めていくことが重要です12345。自分の長所や強みを認識し、自分で判断し行動できるようになることで、他人への依存から脱却できるでしょう

H2 人に依存してしまう9つの特徴  

H3 特徴①:認められたいという願望が強い  

H3 特徴②:一度ハマったら飽きるまで没頭する  

H3 特徴③:困ったらすぐ人に頼る  

H3 特徴④:自分のことを1人で決められない  

H3 特徴⑤:常に誰かと連絡をとらないと不安になる  

H3 特徴⑥:貢ぎ癖がある  

H3 特徴⑦:よく言い訳をする  

H3 特徴⑧:友達が少ない  

H3 特徴⑨:自分に自信がない

H2 人への依存をやめたいときの7つの対処法  

H3 対処法①:依存している相手と距離を置く  

H3 対処法②:外見・内面を磨く  

H3 対処法③:小さな成功経験を積み重ねる  

H3 対処法④:新しいことに挑戦してみる  

H3 対処法⑤:自分だけの時間を持つ  

H3 対処法⑥:自分が頑張ったことを褒める  

H3 対処法⑦:心療内科や精神科を受診する

H2 まとめ|人に依存してしまう原因を知って依存を断ち切ろう

まずは初回1,000円のカウンセリング

その悩み、1人で抱え込まずに、話してみてください。
元アダルトチルドレンがあなたの話を聞きます。
心のモヤが晴れるようになりますよ。

カウンセリングの様子

\24時間いつでも予約可能/

よろしければシェアお願いします!
目次